株価の天井を見極める
青い画面の株価チャート

株は買うのは非常に簡単で自分の意図するところで買うだけですが、株の利益をだすために売るときは難しいものです。
これが買った価格よりも仮に下がっていた場合には、損切になりますがこの価格は取引にだいたいきめておくのが普通で最高でも3割の下落でロスカットしておかないと次の取引のために資金を残すことから必要ですが、問題は値上がりしている時の利食い売りが難しいです。
株では利食い千人力というように利益を確定しておくことは大切ですが、あまり早く段階での利食いでは上昇が伸び長いものになったときには、せっかくのチャンスをのがしたことになります。このタイミングを知ることが株においては難しいです。
ではどのタイミングが適切かと言いますと、この売る起点をある程度決めておいてそこからいくら下がると売りでそこからいくら上がると様子見してトレンドを検討するようにします。
例として、株が購入価格よりも4割あがった点を起点として、これより2割下落で見切り売りを、この起点よりも2割上昇で様子見とするような点です。
要は最低ラインの利益を確保しながらも、上昇を狙っていく方法です。
しかし、この方法にも難点があり、ストップ安などの急落には対応ができず、そうした場合には損切同様に売り切る方が損害が少ないのでいいです。
スーツ姿の男性の手のひらの上にある¥マークこのように画一的に売るタイミングポイントを決めるのでなく、場面に応じて株の取引価格をフレキシブルに設定しておけば、当面の利益を確保しながらの取引も可能になりますので、売るべきタイミングを見失うことなく処理でき、なんとなくでの利益確定売りでその後上昇して悔しい思いをすることが少なくなりますし、また負けない投資が可能になると思われます。株取引を続けていく中でどうしても気になることやアドバイスがほしいこともあると思います、そういった場合は投資顧問などに気になる株価の予想についてのアドバイスをもらうのも1つの手でしょう。