英語能力を測定するTOEICは大事?

英語能力を測定するTOEICは大事?

一昔までは英検何級というのが英語の力を見極めるには絶好の資格でした。

しかし、ちょっと前からTOEICが用いられるようになり、それが英語力をみるための一種の物差しとなりました。

TOEICのスコアが高いから英語がペラペラというとそうでもないのですけど、英語がペラペラな人は間違いなくTOEICのスコアが高いです。

TOEICを受けた方ならわかると思うのですが、全文英語で記載されているのでネイティブの方が受けると大体990満点中900点前後は取るそうです。

そんな一般社会に浸透しているTOEICのスコアがあるとどんなメリットがあるのでしょうか?調べてみました。

GTA公式HPへ

TOEICのスコアはあるにこしたこはない!

これは間違いなく断言出来ることです。

低い数値より高い数値のほうが全然見栄えが違います。

それだけ英語力がある証明となりますからね。

では実際にTOEICのスコアが高いとどういうメリットを受けることが出来るのでしょうか?

色々とあるのでみていきましょう!

履歴書に箔が付く

履歴書や経歴書を書くときにTOEICのスコアが高いと見栄えがいいです。

目安として800点あれば問題ないです。

そうすれば履歴書や経歴書に書いてあっても違和感もないですし、英語をしっかりやってきたんだなと思われます。

ちなみに逆に低いスコアを書いてしまうと絶句されてしまうので記載しない場合がいいという場合もあります。

履歴書の資格として綺麗になるだけではなく英語を使った仕事に募集もすることが出来ます。

ある程度基準を設けているところも多く、それを越えていなければいくらやりたい仕事でも出来ないケースもあります。

またある企業では社員全員に対して一定以上のTOEICのスコアを取るように求めています。

そうすると取れてない社員は大変になってしまいますよね。

それだけ利用度がある資格と言えるでしょう。

給料が上がるケースもある

英語教育を充実させようとしている会社はTOEICを受けさせる努力を社員にさせますので、一定以上のスコアを満たした場合に手当が支給される場合があります。

そうしますと企業によっては給料が増えるというケースもありえます。

そういう意味ではやはりTOEICは取っておいたほうがいいでしょう。

TOEICのまとめ

確かにTOEICが高いからと言って英語が喋れるかというとちょっと違ったりしますが、高いスコアを持っていると多くのメリットがあるということは実証されたと思います。

もし時間にあり英語に自身があるのならTOEICを受けてみることをおすすめしたいです!

GTA公式HPへ TOPページを見る